物語と共に良い物・良いサービスをお届けする「ゆいトレ」

ゆいトレ


沖縄読谷村「クーガ芋」

3人のオジーが作る
幻の琉球自然薯

「クーガ芋」、きいたことが無い!という方も、きいたことはあるけれど見たことは無い!という方も、たくさんいらっしゃるでしょう。私達スタッフも今回、初体験でした。

いろいろな調理方法に挑戦してみましたら、これがビックリの美味しさ。そして素敵な3人のオジーの「クーガ芋」の「オーガニック栽培」にかける情熱が、これまた味わい深いです。

伊丹市「matuya」

明治時代から続く
街のかばん屋さん

お店のタイトルは、「bag&underwear matuya」。バッグとランジェリーのお店なんです。いやいや、他にもいろいろありますよ。

明治時代から代々続くお店を切り回すのは、若き店長さんとそのお姉さん。「女性がアクセサリーとして持てるバッグ」を 見つけてきたり、着心地の良いランジェリーをアドバイスしたり。なかなか居心地が良いお店です。

ゆいトレメニュー

コミュニティ紹介

作る人たちと推薦する人たち

ゆいトレブログ

スタッフからのお知らせと呟き(近日公開予定です)

これからの物語(予告編)

取材予定いろいろ、お楽しみに!

お問い合わせ

(インフォミームサイトへ)



※ 画像のクリックで、クーポン購入ページに移動します。お店の情報や推薦コメントなども掲載中です。 リストはスクロールできます。

ゆいトレマガジン編集後記


桜の便りがあちこちからきこえる今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今月「クーガ芋」をご紹介する沖縄では、寒緋桜(カンヒザクラ)という可憐な桜が1~2月頃に咲き、4月からは鮮やかなデイゴやテッポウユリの季節になります。

そうかと思えば、北の方では、桜の楽しみはまだもう少しあと。このようにいろいろな季節の便りを同時にきけるのは南北に長い日本ならではですね。このゆいトレでも、夏頃には北の地域のものをお届けできると思います。


さて、今月のご紹介の1つ目は、沖縄から届く幻の自然薯。ふわっふわのお好み焼きが作れます、要チェックです。
そして2つめは、「ここにしかないかばん」が店頭に並ぶ伊丹の街のかばん屋さん。

それから、3月号でご紹介して大好評だった「インカのめざめ」は、今月いよいよお届けです! なお「インカのめざめ」の予約販売はおかげさまで予定数に達しましたが、生産者さんのとっておきを分けていただけたので追加販売中、一部、直売も行ないます。facebookに別途、お知らせを出しますのでチェックしてくださいね。


「三方良しプラスワン、欲張りかもしれないけれど、みんなが笑顔になる仕組みを作りたい」というスローガンを掲げている私たちと、この仕組みを一緒に育てていただけると嬉しいです。

この「ゆいトレマガジン」は、毎月月末近くに翌月号をアップします(予定です)。次回は2017年4月29日(頃)に5月号、楽しみにお待ちいただければと思います。

 (2017年4月号 2017.4.1)