物語と共に良い物・良いサービスをお届けする「ゆいトレ」

ゆいトレ


宮古島「完熟マンゴー」

芳醇な香りと
とろけるような甘さ

宮古島のマンゴーは人工的な加温はせず、太陽の力だけで育ちます。そして木の上で完熟して私たちの元にやってくるのです。

繊細な果物を自然の恵みで育てるには、たいへんな苦労もあるそうで、それは私たちの想像を越えていると思うのですが、毎年届くマンゴーの他と比べられない美味しさは、私たちにもハッキリとわかります。

国頭村「完熟ミニパイナップル」

ヤンバルの太陽と雨と
赤い大地で作る

国頭村の屋嘉太助さんから届くパイナップルは、規格外のちびっこで、葉が無くて、逆さま・・・です。 そして、それにはちゃんとした理由があるんです。(詳しくは記事をご覧ください!)

自然に完熟したパイナップルは、産地でなければなかなか出会うことはできません。

一度食べれば、その美味しさにきっとビックリですよ。
ゆいトレメニュー

コミュニティ紹介

作る人たちと推薦する人たち

ゆいトレブログ

スタッフからのお知らせと呟き(近日公開予定です)

バックナンバーと予告

物語のバックナンバーはこちらから

お問い合わせ

(インフォミームサイトへ)



※ 画像のクリックで、クーポン購入ページに移動します。お店の情報や推薦コメントなども掲載中です。 リストはスクロールできます。

ゆいトレマガジン編集後記


今回のゆいトレマガジンは、6月、7月の合併号です。6月号をお待ちくださっていた皆さま、申し訳ありませんでした。

その分と言ってはなんですが、今回はゆいトレ事務局スタッフも全員楽しみにしている「完熟マンゴー」と「完熟ミニパイナップル」の二本立てになりました。
どちらも、これまで私たちが生産者さんから分けていただいていて、美味しくて美味しくて、ああ、やっとこの季節が来た!と思わずニヤニヤしてしまう逸品です。

「マンゴー」と「ミニパイナップル」は、前回5月号でご報告した何か所かでの「共同購入」の仕組みで、お届けします。横浜のマルシェでの「予約お渡し」「対面直売」もやります!
そして、作る人と買いたい人をつなぐ、みんなが笑顔になれる仕組みを、さらに広げていければと思っています。

「三方良しプラスワン、欲張りかもしれないけれど、みんなが笑顔になる仕組みを作りたい」という私たちの取り組みが、少しずつでも皆さんに届きますように!


この「ゆいトレマガジン」は、毎月25日頃に発行の予定・・だったのですが、もろもろの事情により(いろいろ追いつかず)不定期発行になっております。次回は2017年9月半ばに8・9月合併号でお届けの予定です、楽しみにお待ちいただければと思います。

 (2017年6月+7月号 2017.6.23)